2008年09月29日

グレの集魚剤を使う

チヌ釣りと言えども、僕はグレの集魚剤を使用することが殆どだ。これには理由がある。

チヌは、フカセ釣りで釣る場合でも、殆どがボトムで食いが立つ。これは日本全国一般的な常識だと思う。(ノッコミ期などを除いて)

このため、チヌの集魚剤は、比重が重く、ボトムに効きやすいように配合されている。これに比べて、マキエをすると浮きやすいグレは軽比重のマキエで、できるだけ浮かせて釣るように調整されている物が殆どだろう。

経験則から言うと、グレのマキエも、流れの甘いポイントでは、ボトムにシッカリと効く。しかも、落下速度が遅いので、縦に広範囲に探れるのがメリットの一つだ。

最近流行の全層仕掛け、あるいはスルスル釣法などは、タナを決めずに、縦にゆっくりと探る釣りだ。この釣り方はチヌにも有力な釣りで、この釣りをシッカリとこなそうと思うと、チヌの配合エサよりも、グレの配合エサに分があるように思える。

これが、グレのマキエを好んで使う理由だ。
posted by チヌ釣りさん at 12:04| エサの準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームグランド

チヌ釣りに行こうと思ったら、まずは、僕のホームグランド、岸和田一文字を真っ先に考える。

非常にチヌの魚影が濃く、大型も多い。
ここでは、幾度と無く、年無しを取っている。

準備と言っても、僕の場合は、オキアミを使用した釣りがメインなので、まずは、エサの解凍予約だ。隣接する、片岡釣りエサ店に電話を入れる。

片岡釣りエサ店では、岸和田一文字とその周辺情報がたくさん入っているので、ここで情報収集をすると、チヌへのアプローチが容易になる。本当にお世話になっているし、このブログでは、ぜひ宣伝しておきたい。
posted by チヌ釣りさん at 11:45| チヌ釣りの準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずは情報集

たまの休みに釣りに行こうと思ったら、僕の場合は、波止釣りのチヌ釣りがメインである。手軽で簡単に釣れるからだ!

といっても、このターゲット(チヌ)は、チョット、テクニックを要する。ハッキリ言って、難しい釣りでは無いと思うけど、“なれが必要”とは思う。

チヌ釣りのテクニックは慣れに比例する!
僕はこう思う。

そして、なれるという事は、現場に精通する事。それは、色々な仲間をたくさん持っている事になると確信している。

チヌを釣ろうと思ったら、まずは、仲間から情報収拾、これが最優先課題だ。最近の状況や、ここ数日の釣果情報、エサ取りの具合やポイント情報、こういったものを、まずは、数人に電話して集める事ようにしている。

当て推量で釣りをしても中々上手く行かない事を、僕は知っている。
だからこそ、仲間を大事にして、仲間から情報を収集する。

もちろん、僕が得た情報も、仲間で共有する。みんなにシッカリと釣って欲しいからだ。

とにかく、仲間を作って、彼らの力を利用させてもらうことが、一番肝心だと思う!
posted by チヌ釣りさん at 11:38| チヌ釣りの準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。